11:03 2017年06月27日
東京+ 23°C
モスクワ+ 14°C
    天皇退位をめぐる有識者会議、最終ヒアリング終了で賛成派が上回る

    天皇退位をめぐる有識者会議、最終ヒアリング終了で賛成派が上回る

    © AP Photo/ Shuji Kajiyama
    日本
    短縮 URL
    0 885712

    天皇陛下の退位を検討する日本政府の「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」は30日、最終ヒアリングを終了。この結果、3度にわたる意見聴取で16人の専門家は賛成・容認が9人、慎重・反対が7人に割れた。

    会議は16人の意見を参考に論点を整理し年明けにも公表。来春までには提言がまとめられ、これを受けて国会での協議が開始される。

    有識者会議の御厨貴(みくりやたかし)座長代理は30日の最終ヒアリング終了後、退位賛成・容認が反対・慎重派を上回っても、多数決で決めるわけではないと説明している。

    会議は、国民の幅広い意見を集約するため、皇室の歴史や制度、憲法などに詳しい専門家を選定とされているものの、ヒアリング対象者の選出方法、構成については賛否が分かれている。

    関連:

    天皇の退位の担当委員会、作業開始日が明らかに
    天皇の生前退位、日本国民の大半が賛成
    タグ
    明仁天皇, 日本
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント