16:56 2018年09月20日
400万円を持ち出そうとした日本人 クナシリ島で拘束

天竜川事故 船頭ら3人、有罪判決

© Sputnik / Vitaliy Belousov
日本
短縮 URL
0 0 0

2011年に浜松市の天竜川で川下り船が転覆し、乗客ら5人が死亡した事故で、業務上過失致死罪に問われた運航会社「天竜浜名湖鉄道」の元船頭主任ら3人に16日、静岡地裁は禁錮3年~2年6月、いずれも執行猶予4年の判決を言い渡した。共同通信が報じた。

公判で一貫して無罪を訴えていた、船頭を指導する立場だった元船頭主任の小山正博被告は禁錮2年6月だった。佐藤裁判長は判決理由で「現場で船が転回する危険性を認識しながら訓練を怠っていた」と指摘、事故は予見可能だったとして主張を退けた。

実際にかじを取った元船頭大畑茂雄被告が禁錮3年で、安全統括管理者だった元営業課長松野幸夫被告は禁錮2年6月。

天竜川の川下り事業は既に廃止されている。国土交通省は事故を受け、全国の川下り船業者に、全乗客への救命胴衣着用を徹底させるよう指示。安全対策強化の契機になった。

起訴状によると、松野被告と小山被告は船頭に対する危険回避の訓練を怠ったほか、大畑被告は適切な操船をせず、川下り船を転覆させ5人を死亡させたとしている。

関連:

オウム真理教の「アレフ」関係者2人が逮捕
タグ
日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント