18:29 2021年06月23日
日本
短縮 URL
120
でフォローする

宮内庁筋は、同庁が、天皇陛下が退位された場合の住まいを赤坂御用地に移す方向で検討していると明らかにした。新天皇が既存の御所に入居することで、新たな建設費用を抑制する狙いがある模様。毎日新聞が報じた。

サルマン国王
© AP Photo / Saudi Press Agency
宮内庁の案では、退位後の天皇皇后両陛下は現在の居所である皇居(東京都千代田区)内の御所から、皇族が暮らす赤坂御用地(港区)に移る。新天皇となる皇太子さまと新皇后の雅子さま、長女愛子さまは、赤坂御用地から陛下転居後の御所に入る。

天皇皇后両陛下の住まいは、現在、秋篠宮ご一家が暮らす赤坂御用地の宮廷とし、秋篠宮ご一家が東宮御所に移るという選択肢が浮上している。既存の場所を活用することで、皇位継承の費用を抑える効果が期待できるという。

タグ
明仁天皇, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント