11:14 2018年09月22日
眞子さま

眞子さまの一般人との結婚は皇室縮小の議論を再燃させる

© AP Photo / Royal Office for Media Bhutan
日本
短縮 URL
252

日本の皇族の秋篠宮家の長女、眞子さま(25)は大学時代の同級生で法律事務所勤務の小室圭さん(25)と結婚するとの報道は、日本の縮小しつつある皇室に関する議論を再燃させた。

スプートニク日本

1947年に制定された皇室典範により、女性皇族は結婚後、皇族の身分を離れる必要がある。眞子さまが皇室を離れれば、皇室の構成は18人となる。

専門家は、速やかに手を打たない限り皇室が公務を遂行できなくなると警告する。

日本の参院本会議で6月、天皇陛下の生前退位を可能にする特別法が可決し成立した。生前譲位は200年ぶりとなる。

皇室縮小の懸念から、女系天皇を容認する案も出されていたが、保守的な意見を反映して却下された。

皇室で30歳以下の唯一の男性は悠仁さま(10)だ。皇室問題に詳しい元最高裁判事の園部逸夫氏(88)は、悠仁さまの世代になるころには、現在未婚の女性皇族が結婚して皇室を離れ、皇室も後続も成り立たなっている恐れがあるとの見解を示した。このため、女性宮家創設がも検討されている。

京都産業大の所功名誉教授は、女性皇族が結婚後も皇族の身分を捨てずにすむように皇室典範を改定すべきだと主張する。

麗澤大教授の八木秀次氏は一方、男性血統の重要性を強調する。

関連記事

眞子さまのブータン訪問ショットがネット公開【写真】

タグ
歴史, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント