10:23 2020年01月29日
日本
短縮 URL
135
でフォローする

日本の海上自衛隊は、米軍空母や護衛艦と沖縄周辺などの太平洋で共同訓練を行っている。海上自衛隊が22日に発表した。NHKが報じた。

スプートニク日本

ミサイル・核実験を繰り返す北朝鮮に、日米の連携を示す狙いがあると見られる。

11日から実施している訓練には米軍の原子力空母「ロナルド・レーガン」や海自の大型護衛艦「いせ」などの護衛艦が参加。種々の状況を想定した艦艇の動きや情報共有の仕上がりを確認しているという。

共同訓練は28日まで続く。その後「ロナルド・レーガン」は韓国軍との共同訓練のため、朝鮮半島周辺に航行すると見られている。

先ほど、核兵器の専門家ジョー・シリンシオーネ氏は、ニュース配信サイト「ディフェンス・ワン」の囲み記事で、日本の上空あるいは米国の方向へ飛行中のミサイルを原則的に迎撃できない理由について説明した。

関連記事

北朝鮮のミサイルはどこまで飛ぶことができるのか

タグ
軍事, 原子力, 軍事演習, ミサイル, 戦争・紛争・対立・外交, 核問題, アメリカ軍, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント