06:05 2018年11月13日
麻生太郎財務相

役所の信頼損ね引責と説明 財務相、「適材適所」となお強調

© AP Photo / Koji Sasahara
日本
短縮 URL
1010

麻生太郎財務相は、佐川宣寿国税庁長官の辞任を受けた9日の記者会見で「役所の資料の信頼を損ね、騒ぎが大きくなったための引責辞任だ」と説明した。その一方で辞任は「残念だ」とも述べ、佐川氏の仕事ぶりに関し「職務を適切に行った。適材適所だと思っている」となお強調。自身の任命責任は否定した。

スプートニク日本

決裁文書に書き換えがあったかどうかは調査中で「分からない」と述べた。辞任の具体的な理由について、最後まで明確に語られることはなかった。

国有財産行政に関する信頼を損なったとして、佐川氏に3カ月の減給20%の懲戒処分を科すことも明らかにした。退職金から差し引く方針だ。

(c)KYODONEWS

タグ
日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント