13:03 2018年06月18日
「オウム真理教」(アーカイブ)

オウム真理教死刑囚7人の執行準備始まりか

© AFP 2018 / Toru Yamanaka
日本
短縮 URL
4712

日本の法務省が14日、オウム真理教のメンバーで死刑囚13人のうち7人を東京拘置所から他の拘置所・支所へ移送し始めたことが分った。共同通信によると、移送は死刑執行の一環とみられる。

スプートニク日本

政府関係者によると、移送は15日までに完了する予定。

7人は中川智正(55)、新実智光(54)らの各死刑囚、松本死刑囚(63)=教祖名麻原彰晃=は東京拘置所に残すという。

オウム真理教は27人が死亡、負傷者が6000人を超えた地下鉄サリン事件により世界中に知られるようになった。軍用ヘリコプターを使い東京上空からサリンを散布するテロも企てていたと見られる。

ソ連崩壊後の90年代、ロシアはオウム真理教の根城の1つとなった。ロシア人信者はおよそ5万人いて、日本での信者数より多かった。そのため、オウム真理教は90年代からロシアの特殊部隊にマークされており、2016年には動きの活発化が確認され、ダーイシュ(イスラム国、IS)との繋がりが疑われ、ロシア国内での活動が禁止された。

関連ニュース

ロシアで禁止、日本で観察処分 宗教団体は脅威か?

タグ
日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント