05:46 2018年12月10日
麻生副総理(アーカイブ)

与党に麻生氏責任論強まる

© AFP 2018 / Toshifumi Kitamura
日本
短縮 URL
森友・加計学園問題 (73)
2124

与党内で25日、森友学園問題を巡る財務省の決裁文書改ざんや交渉記録廃棄を受け、麻生太郎副総理兼財務相の責任を問う声が強まった

スプートニク日本

財務省の内部調査に伴って幹部職員らの処分が近く発表されるのを見越し「政治家として、どう責任を取るかが一つの課題だ」(公明党の井上義久幹事長)との見方が広がった。ただ、麻生氏自身は引責辞任を否定し、安倍晋三首相も続投させる構えを見せている。

井上氏は25日の記者会見で「全体像が明確になった段階で(麻生氏の)判断があるのではないか」と明言。自民党でも、一連の政権不祥事の幕引きができない状況への焦りが出ている。

(c)KYODONEWS

関連ニュース

麻生氏のやじで衆院予算委が紛糾

麻生副総理、「セクハラ罪はない」発言を謝罪

トピック
森友・加計学園問題 (73)
タグ
スキャンダル, 加計学園問題, 森友学園問題, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント