10:37 2018年12月17日
沖縄(アーカイブ写真)

県民大会 辺野古移転反対訴える【写真・動画】

© AFP 2018 / Toru Yamanaka
日本
短縮 URL
2142

米軍普天間基地(沖縄県宜野湾市)の辺野古移転に反対する県民大会が11日、那覇市内で開かれた。主催者発表では参加者は7万人。冒頭では8日に亡くなった翁長知事を悼んで1分間の黙とうが捧げられた。日経新聞が報じた。

スプートニク日本

大会は「辺野古新基地を造らせないオール沖縄会議」が主催。壇上には、翁長知事が大会のために用意していた青い帽子が置かれた。

翁長知事の次男で那覇市議の雄治氏は知事の残したメッセージとして、ウチナーンチュ(沖縄の人)が心を合わせれば想像以上の力になると伝えた。

職務代理の謝花喜一郎副知事は、辺野古埋め立て承認の撤回を「毅然として判断していく」と述べた。撤回は7月末に尾長知事が表明しており、県は職務代理者でも撤回が可能との立場を取る。

関連ニュース

タグ
軍事基地, 抗議, アメリカ軍, 沖縄, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント