12:40 2018年11月14日
靖国神社(アーカイブ)

安倍首相、靖国神社に供物を奉納 参拝見送り、秋季例大祭

© REUTERS / Toru Hanai
日本
短縮 URL
0 32

安倍晋三首相は17日、東京・九段北の靖国神社で始まった秋季例大祭に合わせ「内閣総理大臣 安倍晋三」名で「真榊」と呼ばれる供物を奉納した。同神社が明らかにした。首相は欧州歴訪中で、20日までの例大祭期間中の参拝は見送る。

スプートニク日本

首相は来週の訪中を控え、極東国際軍事裁判(東京裁判)のA級戦犯が合祀されている靖国神社参拝に反発する中国に配慮し、関係改善の流れを加速させたいとの意向が働いたとみられる。

2012年12月の第2次安倍政権発足後、首相は13年12月に靖国神社を参拝した。春と秋の例大祭は参拝せず、いずれも真榊を奉納する対応を取ってきた。

(c)KYODONEWS

関連ニュース

靖国神社宮司 天皇批判で退任

タグ
安倍晋三, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント