05:43 2018年11月21日
弾道ミサイル防衛用の陸上配備型「イージス・アショア(Aegis Ashore)(アーカイブ写真)

防衛省、秋田でも地質調査着手へ イージス配備に一歩前進

© 写真 : U.S. Army Corps of Engineers Europe District
日本
短縮 URL
0 35

防衛省の深沢雅貴官房審議官は18日、地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の配備を巡り、候補地の秋田県を訪れ、佐竹敬久知事と会い、決定の前提となる地質調査に11月中に本格着手する方針を伝えた。佐竹知事は異論を唱えず、配備に向けた手続きが一歩進む見通しとなった。

スプートニク日本

政府は、陸上自衛隊新屋演習場(秋田市)とむつみ演習場(山口県萩市、阿武町)を配備候補地と位置付けている。防衛省は既にむつみ演習場で同様の調査を行う方針を示していた。

防衛省側の説明によると、地質調査に向け月内に演習場周辺の水質を調べる。健康被害の懸念踏まえ、人体への影響を調べる考えも示した。

(c)KYODONEWS

関連ニュース

山口県阿武町長、イージス・アショアの配備反対を明言:住民の会代表「感激した」

タグ
日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント