20:58 2018年11月17日
国会(アーカイブ)

国会、憲法審への自民案提示焦点 首相、外国人材活用を強調

© AP Photo / Shuji Kajiyama
日本
短縮 URL
0 28

安倍晋三首相は24日、衆参両院の本会議で所信表明演説に臨み、憲法改正について「憲法審査会に政党が改憲案を示すことで国民の理解を深める」と強調した。今国会で自民党案を提示したい意向で、最大の焦点になる。首相は企業の人手不足に対応するため外国人材活用の必要性を主張。入管難民法改正案を早期に成立させる意向だ。野党は、閣僚の「政治とカネ」問題や障害者雇用水増しなどで政権を追及する構えで、与野党の攻防激化は必至となる。

スプートニク日本

首相は演説で、向こう3年間の総裁任期を得たことを踏まえ「激動する世界をリードする日本をつくる。次の3年間、その先頭に立つ」と訴えた。

(c)KYODONEWS

関連ニュース

日中ガス田開発、交渉再開へ連携 首相、首脳会談で進展目指す

日本政府、難民受け入れ拡大へ 倍増視野、20年運用目指す 地方定住さらに促進

タグ
安倍晋三, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント