06:58 2018年11月16日
伊方原発

日本 伊方原発3号機がフル稼働

© Flickr/ Kikuko Nakayama
日本
短縮 URL
1213

日本は愛媛県の伊方原発3号機を再稼働させた。運営会社の四国電力によれば、2日、3号機はフル稼働の状態にまで達している。

スプートニク日本

四国電力の発表によれば、国の規定する出力を100%に保つ「定格熱出力一定運転」というフル稼働の状態になった。 3号機の出力は89万キロワット。3号機のほかの2基の原子炉の出力はそれぞれ56万6千キロワット。

原子炉は2011年の福島原発第1号機の事故の後、稼働を一時停止していた。その後、原子力規制委員会の新規制基準への適合性審査に合格し、2016年8月に再稼働した。2017年12月、広島高等裁判所は住民からの訴えを認め、原発から130キロ離れた阿蘇山の噴火の危険性から、運転差し止めの判決を出していた。

タグ
日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント