01:16 2018年12月19日
辺野古(アーカイブ写真)

政府、辺野古用土砂の搬出開始 名護市の民間港で、中旬に投入へ

CC BY-SA 4.0 / Kugel~commonswiki / Henoko District, Nago City, Okinawa Prefecture, Japan (cropped photo)
日本
短縮 URL
1213

防衛省沖縄防衛局は3日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設に向け、名護市安和にある民間会社「琉球セメント」の桟橋で、沿岸部の埋め立てに使う土砂を搬出用の船に積み込む作業を始めた。今月中旬に、移設先のキャンプ・シュワブに運び込み、投入を始める。

スプートニク日本

岩屋毅防衛相は同日午前、防衛省で記者団の取材に応じる。土砂投入についての見解を表明するとみられる。

沖縄防衛局は当初、沖縄本島北部にある本部港(本部町)からの搬出を計画していたが、岸壁の使用許可権限を持つ町は「台風被害で新たな船を受け入れることは不可能だ」として、使用を認めない方針を示している。

(c)KYODONEWS

関連ニュース

米装備購入の改善を初明記へ 日本政府調整、防衛大綱に

米軍機訓練施設移転計画 日本政府、馬毛島買収について年内にも合意の見込み=マスコミ

タグ
軍事, 軍事基地, 戦争・紛争・対立・外交, 沖縄, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント