13:43 2020年08月12日
日本
短縮 URL
0 05
でフォローする

海上自衛隊の補給艦「ときわ」で今年9月、30代の3等海尉の男性隊員が自殺していたことがわかった。3等海尉は幹部からパワハラを受けていた可能性があるという。

スプートニク日本

報道によると、3等海尉は「ときわ」の艦内で9月に自殺した。遺書はなかった。自殺後、「ときわ」の他の乗員から艦長らがパワハラを行っていたとの証言があったため、海自が乗員およそ140人にアンケート調査を実施した結果、艦長らの上官から「休むな」「死ね」などの暴言を受けていたとの回答があったという。

海自は事故調査委員会を設置し、調査を開始した。

関連ニュース

世界の精神疾患の治療状況は深刻化の傾向 研究者らが強調

タグ
自衛隊, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント