03:55 2019年08月23日
金

成田空港 金塊密輸のイスラエル国籍の男2人を逮捕

© Sputnik / Pavel Lisitsyn
日本
短縮 URL
160

千葉県警は23日、香港から金塊200キロ(9億2400万円相当)を密輸したとして、イスラエル国籍の男2人を逮捕した。NHKが報じた。

スプートニク日本

NHKによると、逮捕されたのは貴金属輸入会社社長のルーベン・ローゼン容疑者と別会社社長のデビット・コーヘン容疑者。容疑者2人は一昨年11月に香港から金塊200キロを密輸したとして、関税法違反の疑いが持たれている。

千葉県警は、容疑者2人が少なくとも過去50回にわたり200億円相当の金塊の密輸を繰り返した可能性も視野に入れ、取り調べを進めている。

関連ニュース

成田行きデルタ航空便、米国人女性が拳銃所持

出国税が7日から適用開始 インバウンド対応強化が狙いか

タグ
捜査, 事件, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント