18:18 2019年02月22日
東京

野党、18年実質賃金のマイナスを指摘

© AP Photo / Shizuo Kambayashi
日本
短縮 URL
0 61

日本の立憲民主党、国民民主党などの野党は30日、毎月勤労統計の不適切調査問題をテーマとした合同ヒアリングを国会内で開いた。読売新聞が報じた。

スプートニク日本

読売新聞によると、厚生労働省が23日に公表した実質賃金伸び率の再集計を受け、野党側は「政府が公表した伸び率は実際より高く出ている」と批判。

3、5~7、11の5か月で前年同月比がプラスと公表していた厚生労働省に対し、野党側の試算では前年同月比でマイナスとなった。

関連ニュース

統計不正「信頼性に深刻な打撃」 日本統計学会が声明

立憲民主、厚労相の罷免要求 統計不正で「信頼欠ける」

タグ
経済, 戦争・紛争・対立・外交, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント