04:37 2019年04月20日
東京 (アーカイブ写真)

日本経済の景気判断、3年ぶりに下方修正

© REUTERS / Thomas Peter
日本
短縮 URL
214

日本政府は20日、日本経済の景気判断を3年ぶりに引き下げた。

スプートニク日本

政府は3月の月例経済報告を公表し、日本経済の基調判断を「景気は、緩やかに回復している」から「景気は、このところ輸出や生産の一部に弱 さもみられるが、緩やかに回復している」に変更した。下方修正は、2016年3月以来3年ぶり。

日本政府は「通商問題の動向が世界経済に与える影響や、中国経済の先行き、海外経済の動向と政策に関する不確実性、金融資本市場の変動の影響に留意する必要がある」としている。

なお先行きについては「当面、一部に弱さが残る」ものの「緩やかな回復が続くことが期待される」とした。

関連ニュース

タグ
経済, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント