21:46 2019年08月22日
男女(アーカイブ写真)

18~39歳日本人の約25%、性交渉経験せず

CC0 / Pexels/Zun Zun
日本
短縮 URL
133

東京大学大学院の渋谷健司教授(現在は客員教授)らの研究グループは8日、日本の異性間性交渉の実態に関する分析結果を発表した。それによると、2015年には18~39歳の成人のうち、およそ25%が異性間性交渉を経験したことがないと判明したという。研究結果は英BMCパブリックヘルス誌に掲載された。

スプートニク日本

同大学院医学系研究科・医学部の発表によると、今回の分析には1987~2015年に実施された計7回の「出生動向基本調査」のデータを使用。同調査は、国立社会保障・人口問題研究所が18~39歳の成人(87年のみ18~34歳)を対象としてほぼ5年ごとに実施している。その結果、18~39歳の成人における異性間性交渉未経験の割合は、1992年は女性が21.7%、男性が20.0%だったのに対し、2015年にはそれぞれ24.6%、25.8%に増加していたことが分かった。

性交渉経験がないことの理由については、男性の場合は無職、非正規・時短雇用及び低い収入が関連しているという。

関連記事

コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント