23:02 2019年10月21日
ヤクザ

日本の安全はヤクザのおかげ=仏フィガロ紙

© AFP 2019 / Frank Zeller
日本
短縮 URL
32129
でフォローする

仏フィガロ紙は、ジェイク・エーデルスタイン記者の「ヤクザ」に関する取材を伝える記事を掲載した。ジョリー記者がエーデルスタイン記者にインタビューするこの記事では、暴力団の活動の裏側と、世界有数の安全な国という日本の称号は、ヤクザに負うものだと記載されている。スプートニクは記事を興味深い点をまとめてお伝えする。

スプートニク日本

フィガロ紙はエーデルスタイン記者の話として、次のように伝えた。

「今日、ヤクザについて考える時、入れ墨を入れた、少なくとも指が2つ詰められて刀を振り回す男が想像される。実際に私たちが直面するのはむしろ、ゴールドマン・サックスのような、しかしピストルを持った銀行員だ」

「理解しなければいけないことは、日本は非常に安全な国で、あなたには何も起きないといった評判を持っているが、それは一部ヤクザに負うところがある。他のマフィアと違い、この団体には非常に厳しい規律があり、全く異なった構造をしている。ヤクザの一員はこの言葉の厳格な意味通り、家族で構成されているわけではない。親族関係や貴族主義の概念はない。日本のヤクザの有名な24団体は全て、クラブのように機能する。購読料を支払ったり会費を納めれば、かんたんに入ることができる」

「第2に理解すべきことは、日本で政治とマフィアが一体となっており、多くの人がこれに衝撃を受けることはない。現代史でもっとも頻繁に与党になっており、現在も安倍晋三首相を党首とする自由民主党は、ヤクザから一部資金援助を受けていた」

インタビュアーのジョリー氏は「このマフィアの消滅はあり得るか」と質問した。

「絶対に不可能だ」とエーデルスタイン氏は答えた。

「ヤクザの一員は誰もやりたがらない仕事に同意する唯一の人々だ。例えば、原子力産業など。日本では入れ墨を入れたヤクザならスポーツジムに入会できない。他方では、発電所では問題なく働ける」

タグ
ヤクザ, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント