16:51 2019年06月27日

天皇陛下が「即位後朝見の儀」で国民に挨拶

© AP Photo / Eugene Hoshiko
日本
短縮 URL
142

即位した天皇陛下が皇后・雅子さまとともに、「即位後朝見の儀」に臨まれた。即位後、国民を代表する人々に挨拶されるこの儀式は午前11時12分から皇居宮殿の「松の間」で始まった。NHKが報じた。

スプートニク日本

退位の儀式に臨まれる天皇陛下
© AP Photo / The Imperial Household Agency of Japan

「即位後朝見の儀」に臨まれた天皇陛下は国民に対し初めてとなるお言葉を述べられた。その中で天皇陛下は、「常に国民を思い、国民に寄り添いながら、憲法にのっとり、日本国及び日本国民統合の象徴としての責務を果たす」とお話になり、国民の幸せと国の発展、そして世界平和への希望を伝えられた。

「即位後朝見の儀」に出席した安倍総理は国民を代表して祝意を示し、「私たちは、天皇陛下を国及び国民統合の象徴と仰ぎ、平和で希望に満ちあふれた時代を創り上げていく」と発言した。さらに安倍総理は国際情勢が緊張を増している現状を踏まえ、「平和で希望に満ちあふれ、誇りある日本の輝かしい未来、人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つ時代を創り上げていく」と決意を述べた。

タグ
天皇ご一家
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント