07:52 2019年11月13日

茨城県 性的少数者カップルを認める「パートナーシップ宣言」 7月から開始

CC0 / Pixabay
日本
短縮 URL
217
でフォローする

茨城県は県として初めて日本全国に先駆け、性的少数者のカップルを公的に認める「パートナーシップ宣言制度」を来月7月から初めて導入する。茨城県の大井川和彦知事が24日の定例記者会見で明らかにした。

スプートニク日本

茨城県は、性的少数者の人権が尊重され,生きづらさを感じることなく,個性や能力を十分に発 揮できる環境づくりに資することを掲げている。

この宣誓によって、婚姻届けが出せないために今まで家族として認められなかった県営住宅の入居申請などができるようになる。宣誓を申請できるのは20歳以上の成人で配偶者がいない性的少数者。

関連ニュース

タグ
日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント