18:53 2019年09月21日

戦前日本で最大の右派新聞が約10年分発見

© Flickr / Shehan Peruma
日本
短縮 URL
252
でフォローする

日本で大正末期に創刊され、最大の右派メディアと呼ばれた日刊紙「日本新聞」の10年間分がほぼ完全な形で発見された。「日本新聞」はこれまで多くが失われたとされており、日本が戦争に突き進んだ道筋を解き明かす上で貴重な資料として注目を集めている。NHKが報じた。

「日本新聞」は大正14年から昭和10年まで発行されていた日刊紙。発行部数はおよそ1万6000部と多くはないが、政官財に幅広い読者を持ち、戦前最大の右派メディアとして機能した。

創刊号には編集方針として天皇中心の国家体制を絶対のものにする「日本主義」と呼ばれる思想が掲げられているほか、見出しには共産主義思想を批判する表現が並んでいる。

創刊の際には、後の総理大臣、近衛文麿や東条英機といった政治や軍部、財界のトップらが支持者として名前を連ねており、国の中枢から地方の有力者まで幅広い読者を獲得していた。

日本では、昭和初期から急速に国家主義的な風潮が広がったとされており、日本新聞を分析することで当時の言論や思想の変遷を解明する手がかりになると期待されている。

関連ニュース

タグ
戦争・紛争・対立・外交, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント