18:57 2019年09月21日

日本、人工衛星の電波妨害に対抗するための衛星導入を検討=マスコミ

CC0 / Pixabay
日本
短縮 URL
0 54
でフォローする

読売新聞は、宇宙抑止力を高めるために、日本政府は所謂「妨害衛星」を2020年代半ばにも導入することを検討していると報じた。

同紙が複数の政府関係者の話をもとに報じたところによると、日本政府は、宇宙空間の軍事的脅威が高まる中、抑止力を強化するために、「有事の際に外国の軍事衛星を妨害する衛星を打ち上げる方向で検討に入った」。

読売新聞によると、自衛隊は現在、情報収集衛星や通信衛星、測位衛星などを利用している。産経新聞は、日本の防衛省は、人工衛星の電波妨害に備えるために、監視するための新装備を開発する方針であることが分かったと報じている。

報道によると、日本政府は来年度に衛星を導入するかどうかを正式に決定し、2020年代半ばにも導入したい考えだという。

関連ニュース

日本、23年から無人ヘリ20機購入へ=読売新聞 

コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント