23:34 2020年08月13日
日本

鹿児島知事選、自公推薦が敗れる 塩田氏初当選、「安倍離れ」進む

日本
短縮 URL
180
でフォローする

任期満了に伴う鹿児島県知事選は12日投開票の結果、新人で元九州経済産業局長塩田康一氏(54)が、再選を目指した自民、公明推薦の現職三反園訓氏(62)、元知事伊藤祐一郎氏(72)ら計6氏を破り初当選した。与党は2016年の前回知事選に次いで敗北。地方での「安倍離れ」が進んだ格好で、年内にも取り沙汰される衆院解散・総選挙の時期など戦略に影響を与える可能性もある。

投票率は49・84%で、参院選との同日選となった前回16年の投票率56・77%を下回った。

塩田氏は県経済の立て直しなどを訴えたほか、現職や元職を念頭に「今でもない、前でもない」と県政刷新を掲げた。

(c)KYODONEWS

タグ
選挙, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント