15:57 2020年08月11日
日本
短縮 URL
0 40
でフォローする

日本の北里大学のグループが、鼻から吸入する新型コロナウイルスワクチンの開発に取り組んでいる。NHKが報じた。

NHKによると、北里大学の研究グループは、「ウイルスが最初に感染する鼻の粘膜に抗体を作る新たなタイプのワクチンの開発」を進めている。

新型コロナウイルス感染者の体内で作られる抗体の量は、時間の経過とともに減少するとの研究が発表されている。

NHKによると、北里大学の研究グループは鼻から吸い込むタイプについて「注射によって血液中で抗体を作るよりも効果が高く、接種も手軽なので、抗体が減っても対応しやすい」としている。

近いうちにも動物実験などで効果を検証するという。

タグ
新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント