06:55 2020年10月27日
日本
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

日本の宮内庁は24日、三笠宮妃百合子さま(97)が肺炎と診断され、東京都内の病院に入院されたと発表した。NHKが報じた。

NHKが宮内庁を引用して報じたところによると、三笠宮妃百合子さまは数日前から体のだるさやせきなどの症状が見られていた。東京都内の病院で定期診察を受けたところ肺炎と診断され、入院された。入院は1週間程度になる見通しだという。

三笠宮妃百合子さまは日本の皇室で最高齢。

関連記事

政治家と健康問題 持病を抱えながら務める国のリーダー

タグ
天皇ご一家
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント