18:54 2021年03月08日
日本

日本 軽井沢バス事故から5年 事故現場では犠牲者を慰霊

日本
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

日本の長野県軽井沢町でスキーツアーに参加した大学生13人と運転手2人が亡くなったバス転落事故は、15日で5年となった。事故現場の慰霊碑には関係者が訪れ、祈りを捧げている。朝日新聞が報じた。

2016年1月15日の未明、長野県軽井沢町でスキーツアーのバスがカーブを曲がりきれずに道路脇に転落。15人が亡くなり、26人がけがを負った。

次男の田原寛さん(当時19歳)を亡くし、遺族会の代表を務める義則さんは、「現場を見ると改めて悔しさと悲しさを感じる。このような事故を二度と起こしてはならないと強く思いました」と話している。

NHKによると、バス会社「イーエスピー」の社長と運行を管理する元社員が重大な事故を起こす可能性があると予測できたのに、大型バスの運転が不慣れな運転手への指導を怠ったとして業務上過失致死傷の疑いで書類送検されている。

長野地方検察庁は事故から5年が経つ今も、バス会社の社長らを起訴するかどうかの捜査を続けている。

タグ
日本, 事故
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント