18:29 2021年04月11日
日本
短縮 URL
0 11
でフォローする

2018年に死刑が執行されたオウム真理教元代表の松本智津夫(麻原彰晃)元死刑囚の遺骨と遺髪をめぐり、日本の東京高等裁判所は10日、四女側の抗告を棄却し、次女を受取人とした家庭裁判所の判断が維持された。NHKなどの日本のメディアが報じた。

四女側は、刑の執行直前、松本元死刑囚が遺骨と遺髪の引き取り先に四女を指名したとして、受取人を確定させる審判を申し立てた。

しかし他の家族が、当時、人との意思疎通が難しい状態だった元死刑囚が特定の人を指定することはあり得ないと主張。東京家庭裁判所は昨年9月、四女ではなく次女を受取人と決める審判を下し、これを不服とした四女側は即時抗告を申し立てた。

東京高等裁判所によると、10日付けで抗告を退ける決定をしたという。

四女の代理人弁護士は東京高等裁判所の決定について「納得できない」とし、直ちに最高裁に特別抗告すると述べている

関連記事

タグ
オウム真理教, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント