17:34 2021年04月15日
日本
短縮 URL
0 19
でフォローする

日本の菅首相は15日の参議院予算委員会で、首都圏1都3県に出している新型コロナウイルスによる緊急事態宣言を21日の期限をもって解除するかどうかについて、「今言える状況ではない」と述べた。日本のマスコミが報じた。

NHKによると、菅首相は「いま、宣言を延長するかどうか言えるような状況ではない」と述べ、専門家の意見も聴きながら最終的に判断する考えを示した。

河野太郎ワクチン担当相は衆院予算委員会で、国際的に議論されているワクチンパスポートについて、対外的にワクチンパスポートが必要になった場合、現在日本で準備されているワクチン接種記録システムをベースに発行することができるようになるとの考えを示した。

日本では2月17日に新型コロナウイルスワクチンの接種が始まった。第1段階では「先行接種」に事前同意している医療従事者4万人と医療従事者およそ480万人が対象で、第2段階では65歳以上の高齢者約3600万人が対象となる。その他の国民への接種は5月までに可能となる可能性があるという。

関連ニュース

首都圏の緊急事態宣言、21日で解除か 来週半ばに判断=産経新聞

タグ
新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント