04:01 2021年09月28日
日本
短縮 URL
0 100
でフォローする

12日、茨城県の大手川知事が定例の記者会見を行い、東京五輪・パラリンピック開催について、状況によって中止や延期の判断もあり得るとの見解を示した。NHKが報じた。

大手川知事は、県内の新型コロナ感染者が2日連続で70人を超える可能性がありことに警戒感を示した。また、鹿島市のカシマスタジアムが五輪のサッカー会場がなっていることから、現状では大会の安全な開催は可能だが、状況次第では中止・延期の判断もあり得るとの考えを示した。また、仮に医療崩壊という中で開催したなら、世界の理解は得られないとも強調した。

また、同知事は、7月4日と5日に予定される聖火リレーに関して、予定される自治体に外出自粛の要請が出されている場合、公道でのリレーを中止する可能性があると語った。

関連ニュース

タグ
五輪
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント