21:26 2021年06月24日
日本
短縮 URL
0 24
でフォローする

日本の大手総合建設会社の鹿島建設とJAXA(宇宙航空研究開発機構)が、月面に有人基地を建設することを想定し、約1000キロ離れた建設機械を遠隔操作で施工する実験を実施した。18日、鹿島建設が自社のサイトで発表した。

鹿島建設によると、同社とJAXAは5年前の2016年から、月面での無人による有人月面基地建設を目指し、遠隔操作による建設方法を共同で研究を進めてきた。2019年3月には、神奈川県小田原市にある同社の実験フィールドで自動化建設機械による実験を実施した。

ことし3月の実験では、同市にあるJAXAの施設から約1000キロ離れた鹿児島県の種子島にある建設機械を遠隔操作で障害物を避ける実験や、指令で自動運転に切り替えての作業を実施した

その結果、1000キロ離れた場所からでも、操作性や安定性を損なうことなく遠隔操作が可能であるほか、自動運転時も建設機械によってスムーズな施工を行えることを確認したという。

NHKの報道によると、今後は海外などさらに離れた場所でも実験を行う方針

関連記事

タグ
宇宙, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント