20:30 2021年06月13日
日本
短縮 URL
0 50
でフォローする

日本の菅首相は、65歳以上の高齢者のワクチン接種を7月末に完了するという目標を掲げたが、高い目標設定に自治体などから不満が漏れているという。

菅首相は28日の記者会見で6月中旬には100万回の接種を行う体制ができていくと思うと発言。しかし、首相に近い関係者によれば、6月中旬に体制が整うというきちんとした報告はなく、根拠がないと嘆息したという。

NHKの報道によれば、世界のワクチン接種の状況は、中国の約4億5000万回(5月21日現在)を筆頭に、米国が2億7000万回、インドが1億8000万回となるが、それに対して日本は750万回と2桁も違う。

日本のワクチン接種の遅れに関しては、「ワクチンの調達ができなかった」「接種準備が遅れた」「接種で混乱が生じた」「接種のロードマップが見えない」などが指摘されている。

ワクチンはコロナ収束のカギではあるが、ワクチンの安全性に関する説明やワクチン以外の対策強化、自治体の接種体制の支援など、課題は山積みと言える。

関連ニュース

タグ
新型コロナウイルス, 菅義偉, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント