19:20 2021年06月13日
日本
短縮 URL
0 35
でフォローする

日本の経済産業省は4日、国際的に需要が高まる半導体産業を「国家事業」として取り組むことを明記した「半導体・デジタル産業戦略」を正式に発表した。NHKが報じた。

経済産業省は半導体をめぐる米中対立の激化を踏まえ、経済安全保障を確保するため、日本が今後目指す新たな戦略をまとめた。それによると、デジタル産業の基盤となる半導体産業の強化に「国家事業」として取り組むと明記されている。

具体的な戦略としては、海外の大手半導体メーカーとの合弁工場の設立などを通じて国内の製造拠点を確保するほか、次世代の製造技術の国産化も進める方針を盛り込んだ。

また戦略の実現のため、国の基金や支援制度を活用するなど、国家を挙げて半導体産業の強化を推し進めるとしている。

日本の半導体産業は、約30年前は世界のシェアの半分以上を占めていたが、現在では10%程度に縮小しており、スマートフォンなどに使う最先端の半導体の製造は海外メーカーに依存している状態となっている。

関連記事

タグ
日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント