20:14 2021年09月21日
日本
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

30日、福島第一原子力発電所の処理水について、日本政府の方針の海洋放出に対する東京電力の計画を審査する原子力規制委員会の初会合が開かれた。NHKが報じた。

焦点となるのは、処理水を放出する前にトリチウムなどの放射性物質を国の基準以下にし、その分析を正確に行う点。NHKによれば、規制委員会側からは、廃炉作業が全体的に進む中で東電は分析のための十分な体制がとれるのかと次々と指摘、質問が挙げられた。これに対して東電は専門部署を新たに設け、体制に必要な人員、資金を手当てしていくと回答した。

日本の東京電力は前日29日、福島第一原子力発電所から排出された放射性物質トリチウムを含む処理水について、2022年夏より、海水で薄めたプールで魚介類を飼育する試験を実施することを発表している。

関連ニュース

タグ
日本, 福島
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント