14:10 2021年09月23日
日本

日本 入管が1.5万枚の文書開示もほぼ黒塗り スリランカ女性死亡問題で

日本
短縮 URL
0 16
でフォローする

日本の名古屋出入国在留管理局の施設で今年3月、収容中のスリランカ人女性ウィシュマ・サンダマリさん(当時33)が死亡した問題で、ウィシュマさんの遺族らは17日、入管側から文書約1万5000枚が開示されたものの、大半が黒塗りの状態だったことを明らかにした。日本のメディアが報じた。

指宿昭一弁護士らは17日午後、東京都内で記者会見を開き、入管側から開示された黒塗りの文書を公開した。公開された文書は、ウィシュマさんが収容された昨年8月から亡くなった今年3月6日までの関連文書で、看守の勤務日誌や支援者らとの面会簿など1万5113枚にのぼる。

黒塗りの理由として、個人情報や当局の警備体制が記録されていることなどが挙げられるという。

これについて指宿弁護士は「意味のある部分は全部消されている。この真っ黒な紙は入管の闇を表している」としたうえで、「必要な資料を全て開示するよう引き続き求めたい」と述べた。

また、ウィシュマさんの妹のワヨミさん(28)は「隠したいという思いが表れている。入管が姉を殺してしまったことは明らか」と怒りをあらわにした。

関連記事

タグ
日本, 移民
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント