01:58 2021年10月19日
日本
短縮 URL
0 33
でフォローする

28日、NTTグループはオンライン記者会見を開き、2040年度までに温室効果ガスの排出量の実質ゼロ(カーボンニュートラル)を達成する新たな環境エネルギービジョンを発表した。NHKが報じた。

NHKがNTTの発表を引用して報じたところによれば、現在の電気信号処理をIOWN(光信号処理)へ移行させ、電力消費を大幅に抑える。これにより45%の削減効果が実現できる。

​また、太陽光発電などの再生可能エネルギーの活用で温室効果ガスはさらに45%削減でき、電気消費効率が高い設備を採用し、省エネを進めて温室効果ガスを10%削減する。

NTTのこのビジョンの目標達成時期は日本政府のカーボンニュートラルの目標期限である2050年よりも10年も早い。

関連ニュース

タグ
日本, 環境
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント