23:30 2017年03月27日
東京+ 5°C
モスクワ+ 3°C
    日本政府が支援のウクライナ、生きた人間を焼き殺し

    日本政府が支援のウクライナ、 生きた人間を焼き殺し

    Alexandr Maksimenko
    社会
    短縮 URL
    0 50251816

    日本人は、キエフ政権に支援金を拠出している日本政府が一体全体誰に対して資金を渡しているのか、知らねばならない。

    インターネット上に現れた新たな映像は、キエフ当局側にたってドンバスで戦う民族主義の「アゾフ」大隊の新たな蛮行を証拠付けた。キエフ当局に反対するハッカー集団「サイバー=ベルクト」は、この映像はウクライナの治安維持部隊から電子メールで受信されたものと確証した。

    映像はおそらくシロキノ居住区近郊で撮影。軍服をきた4人が膝まづく男性の傍らに立っている。男性は口にくつわを嵌められ、縛られている。

    「我々は『アゾフ』大隊所属だ。憎きモスクワの性悪どもと戦っている。分離主義に共謀するものはみんなこうしてやる。」武装戦闘員の一人がこういうと、戦闘員らは捕虜を地面に大の字に寝かせ、手をガムテープで桁に結わえ付けた。

    その後、今度は手に釘を打ちつけ始めたため、捕虜は痛みに身をよじり、うめき始めた。捕虜の十字架は今度は垂直に立てられ、最後は火をつけられた。

    この事件はウクライナ政府が民主主義を構築していると公言している最中に起きている。日本政府はこのウクライナに何十億ドルもの支援金を支払っているのだ。

    動画は倫理上の問題で掲載できませんが、YouTubeをはじめとする動画掲載サイトにロシア語で"Неонацисты из батальона Азов сжигают человека на кресте" (アゾフ大隊のネオナチが十字架にかけた人間を火あぶり)と入力することで動画の閲覧が可能です。

    タグ
    事件, ウクライナ
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント