02:17 2019年12月06日
国連料理長、総会中の各国首脳の食事について語る

国連料理長、総会中の各国首脳の食事について語る

© Fotolia / Mahony
社会
短縮 URL
0 11
でフォローする

国連料理長レン・ロペス氏が国連総会の一般討論演説に参加している各国首脳のための特別メニューについて語った。国連ニュースセンターが伝えた。

討議の始まる前にはランチがとられる慣わしであるが、それに向けたシェフたちの準備は1月から始まっていた。

ロペス氏によれば、国連はクラシカルなフランス料理を得意としている。「パーチメント紙で包み焼きにした子牛やモスリン鶏のムース、フォアグラなどをお出しした。お歴々は、子羊、子牛、フィレ・ミニョンなどがお好きなようだ。少なくとも私が着任してこの12年間というものはメニュー上に存在している」とシェフ。

メニューは一部参加者の個別的な要求(食習慣上の要求、菜食主義であるか否かなど)をも考慮しながら考案され、シェフや審査員などで試食し、どれを採用してどれを採用しないかを決める。今回の場合は、メニューが最終決定されたのは7月下旬のこと。

タグ
第70回国連総会
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント