04:31 2018年11月19日
イスラム教徒 SNSでテロを非難

イスラム教徒 SNSでテロを非難

© AFP 2018 / DOMINIQUE FAGET
社会
短縮 URL
3170

パリでテロ事件が起こった後、世界中のイスラム教徒たちが、「#‎Notinmyname(私の名のもとにおいて行うのはやめてください)」のハッシュタグをつけて、テロを非難する写真をSNSに投稿している。ブロガーのデニス・ラズモフスキー氏が、フェイスブックで伝えた。

This is not in the name of Allah! This is not our religion! This is not our culture!This is sick!!!! #paris #notinourname #notinmyname #rip

Фото опубликовано Fania Million (@faniamillion) Ноя 14 2015 в 10:35 PST

ラズモフスキー氏は、次のように訴えているー

「イスラム嫌悪や外国人嫌悪の拡大を許してはいけません。テロでは国籍や宗教などが悪いのではなく、自分の利益に関心を持つ特定の個人のみが悪いのです。まさにそのような人たちが、攻撃を自分からそらすために、その矛先を、肌の色や外見が異なり、別の宗教を信仰するごく普通の人たちに向けようとしているのです」。

フラッシュモブ「Not in My Name」が初めて行われたのは、2014年。人道支援団体のメンバーだった英国人が処刑された後、英国人の大学生たちが開始した。

このハッシュタグは、フランスの風刺週刊紙「シャーリー エブド」の本社が襲撃され、編集長などが殺害された後、再び使用されるようになった。そして11月13日にパリでテロが発生した後、このハッシュタグはツイッター、インスタグラム、フェイスブックなどのSNSで再び活発に使われるようになった。

#notinmyname

Фото опубликовано Alex (@ein_andalusischer_hund) Ноя 15 2015 в 9:41 PST

#notinmyname

Фото опубликовано Тaj alddin (@tajwolf1) Ноя 15 2015 в 11:28 PST

#notinmynameisis #notinmyname Isis doesn't represent ISLAM. Isis is not ISLAM.

Фото опубликовано Nurul Ismail (@noeyhikari) Ноя 15 2015 в 9:31 PST

タグ
イスラム教, インターネット, テロ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント