04:41 2018年09月23日
パソコン

2015年はパソコン販売が激減、史上最小の数値

© Fotolia / Adrian Hancu
社会
短縮 URL
1100

2015年は世界中でパソコンの販売が前年比で10.4%も減り、2億7620万台まで落ち込んだ。13日、共同通信が国際的な消費者需要分析会社のIDCの発表を引用して報じた。

2015年のパソコン販売数は、パソコンという商品が市場に登場して以来、史上最小の数値に達している。

共同通信は、パソコンの消費冷え込みはスマートフォンやタブレットの人気が増大したこともその一因という見方を示しているほか、パソコンの買い替えが以前と比べ、頻繁には行われなくなった傾向も指摘している。

コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント