06:17 2018年07月22日
英法廷:特務機関によるコンピュータのハッキングは人権侵害に当たらない

英法廷:特務機関によるコンピュータのハッキングは人権侵害に当たらない

© REUTERS / Kacper Pempel/Files
社会
短縮 URL
217

英国の特別法廷は「英国通信本部が市民のコンピューターをハッキング、つまり傍受することは、英国の法律の枠内では、人権侵害に当たらない」との判断を示した。

7つのインタネットのプロバイダーと人権団体「Privacy International」が、法廷に対し、訴えを起こしていた。

特別法廷の判決の中では、次のように述べられている-「公共の秩序調査に関する令状は、特務機関による捜査活動実施への幅広い同意のみで十分であり、米国家安全保障局の元職員エドワード・スノーデン氏の情報暴露後、人権団体が要求しているような個々の事例に対する個人的な許可よりも、有効である」。ポータル新聞The Vergeが伝えた。

2015年末、英国の特別法廷は、英国通信本部に対し、上院議員を含め英国議会の議員達のメールのやり取りを集め、調査することを公式に許可したが、これにより英国では、1966年以来効力を持ってきた議員に対する諜報行為の禁止が解かれる事になった。

関連:

日本 国税庁のHPに「アノニマス」がハッカー攻撃か
日本 防衛などに関する約2万件の情報流出の疑い
日本の警察庁ホームページが障害 ハッカー集団「アノニマス」が声明を表す
タグ
英国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント