02:11 2018年10月19日
人類学者 中世の英国の子供たちの食べ物を明らかにする

人類学者 中世の英国の子供たちの食べ物を明らかにする

© Flickr/ Liga Eglite
社会
短縮 URL
141

英国の人類学者たちは、中世後期の英国では裕福な子供も貧しい子供もステータスの違いに関係なく、ほぼ同じものを食べており、断乳の時期も十分に早かったと伝えた。

ジャーナル・オブ・アーキオ ロジカル・サイエンス誌に掲載された記事によると、学者たちは、中世後期の英国の子供たちの複数の乳歯のエナメル質を研究し、このような結論に達したという。

人類学者のパトリック・マホーニー氏とその同僚たちは、最近カンタベリーの墓地で見つかった中世後期の英国人乳幼児たちの歯のエナメル質の構造を研究し、彼らの生活について明らかにした。

カンタベリーの墓地には、英国の最富裕層の代表者も、最貧困層の代表者も埋葬された。

調査では、裕福な家庭の子供も貧しい家庭の子供も、1歳から2歳頃に液体に浸して柔らかくしたパンや、小麦のうすい粥、またその他の柔らかい食べ物の半固形食の離乳食に移り、十分に早い時期に断乳していたことが示された。

また英国人の子供たちは2歳から4歳、様々な野菜、肉、その他の固形食など、より固い食べ物に移行した。

そして英国人の子供たちは6歳から8歳で完全に大人と同じ食事をするようになった。これは歯の摩擦の度合いが強まったことで分かるという。

このように、貧しい子供も裕福な子供もほぼ同じ食事をしていたという結果は、学者たちを驚かせたという。

関連:

ロシア北西部ノブゴロドでロシア最古のフォークが見つかる
孤児院の子どもたち、日本のラーメン初体験
中国人、米国から秘密のトウモロコシの種を盗み出すことを企てる
タグ
歴史, 英国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント