23:48 2020年10月20日
社会
短縮 URL
ブリュッセルで爆発 (41)
7 0 0
でフォローする

パリ連続テロを組織したとされるサラフ・アブデスラム容疑者は22日に行われたブリュッセルの空港や地下鉄での爆発について話をすることを拒んでいる。フランス紙ル・モンドが報じた。

2015年11月のパリにおけるテロの後、容疑者はブリュッセル郊外に身を隠していたが、今月18日、ベルギーの諜報機関による捜査の際に逮捕された
逮捕後、容疑者は捜査に協力し、供述を行うようになった。

弁護士は、アブデスラムの供述はベルギーの諜報機関にとって「金より貴重な」ものだと述べた。

しかし、ブリュッセルでの事件後、もはや供述を行わないと宣言。

同容疑者はまた、ブリュッセルで爆発を起こした犯人として同定されているハリドおよびブラヒムのバクラウイ兄弟を知らないと述べている。

トピック
ブリュッセルで爆発 (41)

関連:

欧州マスコミ、ベルギーのテロでEUは分裂の危機
ヨルダン王、欧州のテロにおけるトルコの役割について米国議員らに語る
テロリストらはベルギーの原子力発電所でのテロを計画していた
タグ
テロ, ベルギー, フランス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント