23:05 2017年03月24日
東京+ 6°C
モスクワ+ 8°C
    パグ犬

    スコットランドでヒトラーに「敬礼」するパグ犬の飼い主が逮捕される

    © Fotolia/ Freischnauze
    社会
    短縮 URL
    2100414

    スコットランドの警察は、「ジークハイル!」というコマンドに応えて犬がナチス式敬礼をしている動画が原因で、パグ犬の所有者を逮捕した。ガーディアン紙が報じた。

    またパグ犬は、飼い主のユダヤ人絶滅に関するフレーズにもすばやく反応しているという。

    コートブリッジに住む28歳の飼い主は、インターネット上に侮辱的な内容の資料を掲載して憎悪を扇動しようとした疑いで逮捕された。警察がガーディアン紙に伝えた。事件は検察に送検された。

    警察は、「この動画は、我々の社会の多くの人に痛みを与えた。スコットランドには、憎悪犯罪の余地はなく、警察はこのような非常識な行為にしかるべき注意を払う」と述べた。

    なおパグ犬の今後については伝えられていない。

    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント

    全てのコメント

    • avatar
      bokebokeboya
      これは映像を見た感じではおふざけでやっている感じだが、ネットが持つ公共性を考えると、おふざけでは済まされないと思う。
      それにしてもそのワンちゃん、人に対して一般法では死刑がない国で、殺処分(死刑)ということはないと思うが…お咎めなしでいてほしい。
    • unimaro unimaro
      なぜユダヤだけ特別扱いされるんだろう?
      沖縄なんかもっとひどかったし、広島長崎は、もとより、大空襲を幾度もされた日本の都市部、ドイツの都市部なんか、「アメリカによる絶滅作戦」だったのだから。
      ま、「色付き人種」だからだろうなw
      こういうことがまだまだ継続される、と思うと、「やっぱ人類には可能性無いよなぁ。絶滅が最もふさわしというか、それ以外ありえないし、早期の絶滅こそ慈悲だろうな」と本気で思えてしまう。
      かわいいこどもたちが、こういった下劣な生き物になる前に慈悲を与えるべき、だろうと。な。
    新しいコメントを読む (0)