08:49 2019年11月18日
エストニアで難聴児童に自分の人生における音楽の役割についての作文が要求

エストニアで難聴児童に自分の人生における音楽の役割についての作文が要求

© Sputnik / Eugeny Epanchintzev
社会
短縮 URL
114
でフォローする

エストニアのタルトゥ市にあるヒーエ・スクールで難聴の児童らに若者の生活における音楽の役割について作文せよという卒業課題が出された。バルト諸国で最大のネットニュース「デルフィー」が8日報じた。

生徒の大半は一度も音楽を聴いたことがないため、この課題に自信を喪失。

同校のヘネ・ビンソリ校長は「おそらく児童の大半は音楽について必須の200ワードの作文を書けただろうが、これを彼らに要求するのは非人間的」と指摘し、課題を出した教師らにはこれに代わる作文課題を出すべきだったと語っている。

卒業試験用の設問作りに取り組んだのはエストニア国家教育基金。基金側はこの課題はエストニア全土のスクールに共通するものだったと強調している・

先に伝えられたところによると、ドイツで、「多様性の学校」教育プログラムの一環の新たな試みが提示された

タグ
教育, エストニア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント