00:13 2017年11月21日
東京+ 5°C
モスクワ+ 2°C
    カエル

    フランスの裁判所 カエルの鳴き声がうるさいと池を埋め立てるよう命ずる

    © Sputnik/ Konstantin Chalabov
    社会
    短縮 URL
    0 28315

    フランスの裁判所は、同国南東部に住む年配の夫婦に対し、カエルの鳴き声があまりにうるさいとして彼らの家にある池を埋めたてるよう命じた。MetroNewsが伝えた。

    この「騒音」問題については、近隣住民から訴えが出されていた。なお裁判手続きは、4年の長きに及んだ。

    裁判所は、池の持ち主に対し、今後4カ月の間に池を埋め立てるよう義務づける判決を下した。もし判決を遂行しない場合、一日ごとに、所有者夫婦は、罰金150ユーロを支払うことになる。

    一方このニュースは、動物愛護団体などから大きな反発を呼び、9万人がすでに、裁判所の決定を不服とする請願書に署名した。それ以外に、自然保護を訴える人々は、問題の池には、現在絶滅の危機に瀕する珍しいカエル5種類が生息していると主張している。

    しかし今のところ、池は埋め立てられるものと見られている。

    先に伝えられたところによると、コロラド州で、裁判所の建物にイグアナが持ち込まれようとしたが、X線手荷物検査装置のおかげで未然に防ぐことができた。

    タグ
    動物, フランス
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント