17:59 2017年06月29日
東京+ 28°C
モスクワ+ 20°C
    猫が誰より好きなのは日本人でなく、ロシア人

    猫が誰より好きなのは日本人でなく、ロシア人

    © REUTERS/ Thomas Peter
    社会
    短縮 URL
    11353110

    グローバルなマーケティング研究に勤しむドイツのGfK社によると、世界一猫に優しいのはロシア人だ。

    22か国の2万7000人にオンライン調査を実施した。ペットを飼う人の割合が一番多いのはラテンアメリカで、メキシコ、アルゼンチンでは80%、ブラジルでは75%に上っていた。次が73%のロシア、次いで70%の米国だった。

    アジアではペットはそれほど一般的ではない。韓国ではわずか31%、日本は37%、中国は57%だった。

    ロシア人は猫好きが多く、回答者の半数以上(57%)が猫を飼っていた。以下フランス41%、米国39%と続く。

    日本で猫を飼っている人は回答者の14%、韓国はさらに少なく、6%。中国はアジアで一番魚が好きなようで、回答者の17%が魚を飼育している。

    タグ
    動物
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント