03:16 2017年09月27日
東京+ 23°C
モスクワ+ 11°C
    ダウニング街の首相官邸

    英外務省のネズミ捕り長官 首相官邸から追い出される(写真)

    © Flickr/ Dave Strom
    社会
    短縮 URL
    0 109105

    英外務省のネズミ捕り長官の猫パーマストンが、ダウニング街の首相官邸から追い出された。テレグラフ紙が報じた。

    パーマストンは、テリーザ・メイ首相の官邸に忍び込んだ。ここにはパーマストンの主要なライバルである首相官邸のネズミ捕り長官ラリーが住んでいる。パーマストンは少し開いていた入り口のドアから忍び込んだという。

    テレグラフ紙によると、パーマストンは警官に捕まえられて、外へ出された。

    なおラリーの反応については伝えられていない。

    ラリーは2011年から首相官邸で暮らし、パーマストンは2016年に英外務省のスタッフとなった

    関連:

    お互いを枕代わりにまどろむ日本の猫
    日本のペットの耳がミッキーみたいに大きくまん丸に(写真)
    猫が誰より好きなのは日本人でなく、ロシア人
    タグ
    動物, 英国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント