21:26 2020年09月20日
社会
短縮 URL
386
でフォローする

オランダ政府がガソリン及びディーゼルと言う伝統的な炭化水素燃料で走るすべての車の販売を禁止する法案を審議している。法案はすでにオランダ議会下院で投票を終えている。Quartzが伝えた。

オランダ労働党が作成した法案の原案はガソリン及びディーゼル燃料を使うあらゆる車を禁止することを予定していた。法案はのちに軽減され、現在はオランダ議会上院の決定を待っているところ。 

報道によれば、オランダは現時点ですでに EUで最も新車からの排気ガスのレベルが低い国の一つとなっている。またオランダでは電気自動車の販売が急速に成長している。

今年6月、ノルウェーも、2025年までに炭化水素燃料による自動車の販売を禁止する法案を提出している。 当時、電気自動車を開発するテトラモータースのイーロン・マスク社長がこのニュースを絶賛し、ノルウェーは素晴らしい国であると褒め称えた。

​今年の4月にはドイツ当局もまた複数の大手自動車メーカーとともに電気自動車購入者に対し賞与を与える計画を準備していることが明らかになった。賞与の金額は最高4000ユーロと言う。

先に伝えられたところによると、自動車愛好家イワン・パデリンさんは世界で唯一のソ連のスポーツカー「パベーダースポーツ」をよみがえらせた

関連:

米国のガソリン備蓄縮小を受け原油価格が上昇
クウェートでガソリンが80%も値上がり
タグ
自動車, オランダ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント